スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紳士用ぼうし

紳士のぼうしは、時代の流れと共にさまざまな変化を遂げ現在に至っています。

トップハットという紳士のぼうしは、円筒形でハードに作られたものです。

主に使われている素材は、シルクやファーフェルトで、リボンにもシルクやフェルトなどが使われています。

このトップハットはイギリス製で、日本人が被ると頭の形が合わないため前後が開いてしまったり横が狭くて被る事ができなかったりしてしまいます。ハードに作られたものなので変形が難しく、自分の頭の形にあわせて作る必要があります。


ボーラーという紳士のぼうしは、半球型をしたフェルトのもので、こちらもハードに作られています。


日本語で言うと「山高帽」で、ボーラーというのは英語です。1850年に登場し、乗馬用のぼうしとして愛用されていましたが、1930年頃からあまり人気がなくなってきたようです。

紳士のぼうしには、トリルビーやフェドーラと呼ばれるソフトハットもあります。

ソフトハットというのは、フェルトで作成された中折れ帽のことを言います。ハードハットの後、普段用として登場し広く普及しました。

さらに柔らかい物になると、スーパーソフトハットと呼ばれる、ローラーハットやクラッシャーハットというものがあります。これは柔らかいため自由に形を変えることができ、自分の好きな形にして被る事が出来るという楽しみのあるぼうしです。


最近は日常的にぼうしを被っている若者が増えてきました。バンダナを巻いた上にキャップを被って、なんてファッション的な被り方もよく見る事ができますよね。


しかし、紳士のぼうしというものはもともと、室内では取るというのが常識でした。
ヨーロッパの方の習慣だったようですが、室内だけでなく、知人に会った際、女性の前、挨拶の際など、本物の紳士はぼうしを被っている場所や場面の常識をきちんと考える事が出来る必要があったのでしょう。


もちろん時代は変化していて、その常識がすべてだとは思いませんが、相手に不快感を与えない態度というのは常に考えている必要があるでしょう。

ちなみに女性のぼうしは、服の一部みなされていたため、男性のように室内では取らなければならない、という事は無かったようですが、これも常識的な範囲ですよね。

和室にキャップを被ったまま、なんて姿はやはり、どうなのかなと感じるのが日本人でしょう。


紳士のぼうしは、被り方だけでなく立ち居振る舞い自体が、その人の紳士度を上げたり下げたりするものです。

せっかく格好良いぼうしを被っているのに、「ダサい」と思われないための常識を身につけたいものですね。




スポンサーサイト
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。