スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファミコンに息を吹きかけるの禁止



地元○○で買ったファミコンで、久しぶりに遊んでみました。

1983年に誕生し、爆発的なブームとなり、家庭用ゲーム機の
代名詞として未だに耳にする「ファミコン」ですが、
今回、任天堂からファミコンの取り扱いについての注意が
発表され、ネットユーザーから「もっと早く言ってくれれば」
の声があがりまくっています。

今回の取扱注意は、任天堂がスーパーマリオ25周年を記念して
オープンした特設サイト上で喚起されたもので、ファミコンの
カセットの接続部分に、息をフーフー吹きかけると故障の原因に
なるから気をつけてほしい、という内容でした。

ファミコンというハードにカセットのソフトを接続したとき、
よくモニター画面が灰色になったり、黒くなったりする、
いわゆる接触不良がよく起こりましたが、こんな場合、まず
ほとんどのユーザーが接続部分に吐息をフーフー吹きかけ、
ほこりなどの異物を取り除こうとしていましたが、
これは唾液などの飛沫が接触部分に付着し、サビの原因に
なってしまうそうです。

これはファミコンだけではなく、任天堂が現在力を入れている
ニンテンドーDSなどもまったく同じだそうで、金属端子をもつ
すべてのハード、ソフトが接触不良になった場合は、
別売の専用クリーニングセットを使用するように
呼びかけています。

経験上、ファミコンのカセットが接触不良を起こした場合は、
必ずフーフーして直していましたが、まさかこの行為が
故障の原因になるとは、当時はだれも思わなかったのでは
ないでしょうか。

ファミコンで遊んだ世代からは、「25年前に告知して欲しかった」
「そんな今さら」という声が上がっているようですが、
これももっともな話です。


【関連ニュース】
Yahoo!ニュースURL
ライブドアニュースURL
ITメディアニュースURL
イザ!ニュースURL
生田斗真主演で「源氏物語」の映画化

スポンサーサイト

テーマ : 任天堂
ジャンル : ゲーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。