スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野球学生選抜、キューバに完敗



世界大学野球選手権が開催され
8月1日には1次リーグが神宮球場で
行われました。


B組での参加となった日本は、強豪キューバに7対12で完敗し、
ここまで通算2勝1敗、B組での2位が確定しました。

相手のキューバは、昨年に開催された
WBC(ワールド・ ベースボール・クラシック)に出場していたメンバーを含む
最強メンバーで、完敗もやむなし、といったところでしょうか。

反則気味のメンバー構成について、日米の各スカウトも

「キューバにはすぐにメジャーでやれる選手がたくさんいる」

と絶賛するほどだったそうです。


日本の投手陣もこの強力打線に滅多打ちに会いましたが、
そのなかで5番手で初登板した菅野智之投手(東海大3年)
が球速157キロをマークし、存在感を示していました。

巨人・原監督の甥っ子として、すでに有名になっている
菅野投手ですが、時速157キロは学生野球で最速で、多くの
スカウトの注目を集めたようです。


30日には韓国に4‐0で勝って幸先のよいスタートを切って いますが、
この時のピッチャーは甲子園を沸かせ、プロ入りも
注目されている斎藤佑樹投手(早大)でした。
6回無失点の 好投でやはり注目を浴びましたが、
この日の菅野投手の ピッチングも、今後の活躍を十分に予感させてくれるもの でした。

B組を2位で通過した日本は、3日以降の決勝ラウンドに進出
しますが、金メダルを奪えるかどうかは、斎藤投手と菅野投手の
ピッチングにかかっていることは間違いないようです。

【関連ニュース】
Yahoo!ニュースURL
イザ!ニュースURL
ライブドアニュースURL

汗シミ激減!ワキ汗改善マニュアル
モデ痩せ ストンと落ちる!でもしっかり体型維持
おいしいグラビア写真集あります

スポンサーサイト

テーマ : 海外ニュース
ジャンル : ニュース

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。