スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かんぽの宿について

かんぽの宿も郵政公社の民営化で、平成19年10月1日より郵便局の簡易保険に加入していなくても利用できるようになり、人気を呼んでいます。

社会保険庁の作ったグリーンピアなどと違って、かんぽの宿は、必要にして十分な施設で、格安の宿泊料で泊まれる、本当にかんぽに加入している人から長い間支持され、利用されてきました。
それが一般の人も利用できる事は、郵政公社の民営化の賜物と言えます。

かんぽの宿は全国にあり、宿泊代にはバラツキはあるものの、1万円でお釣りが来ます。
かんぽの宿で二人以上であれば、大体一般の宿泊施設よりは、5割から6割ぐらいの値段で泊まることが出来ます


民営化前はかんぽの宿で、かんぽ加入者が同伴しない場合は、追加料金が取られましたが、民営化後は嬉しい事にそれもなくなりました。民営化でかんぽの宿の会員にも、かんぽに加入してなくとも、なれることになり、益々嬉しい限りです。

かんぽの宿を利用するのは、個人の客ばかりでなく、企業の研修などにも使われていて、一般のホテルや旅館と遜色ない会議室や研修室などの施設を完備したところもあります。

かんぽの宿の料理も、格安な宿泊料にもかかわらず、食べきれないほどの美味しい料理が出てきて、大満足です。
沖縄や九州などのかんぽの宿は比較的値段が高いですが、それでも他の宿泊施設よりは、はるかに安くリーズナブルです。

更にかんぽの宿の会員になれば、かんぽの宿を利用する度に、ポイントが貯まりますが、10回利用すると、1000ポイントのボーナスポイントが付いてきます。

かんぽの宿の関連施設や周辺施設の利用の際には、割引が効くほか、誕生日に泊まるとプレゼントまで付いてきます。それに12:00までにチェックアウトすればよい特典つきですから、のんびり出来ます。

これだけの特典がついて、入会金や年会費が無料ですから、かんぽの宿の会員にならない手はありません。

かんぽの宿の予約は、インターネットのおかんぽの宿のWEBサイトから出来ますから、とても便利ですし、「かんぽの宿月替わりお得情報」などでは毛がにの食べ放題などのキャンペーンが、メルマガで配されてきて、旅行の計画の参考になります。


民営化後のかんぽの宿の変わり様は、まさに庶民の味方と言ってよいような、歓迎すべき変身です。

公的機関が運営する宿泊施設の中で、かんぽの宿は別格と言えるぐらい、国民の立場に立った、本来の厚生施設としての役割を果たしていると言えます。


旅行、レジャーにも使える安心の三井住友銀行グループ
キャッシングの『モビット』
くわしい解説はこちら
キャッシングのモビット>ご自宅・勤務先へ電話なし
参考にどうぞ




RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。